エスキスについて お知らせ
メニュー ギャラリー お問い合わせ

CAFE ESQUISSE  

〒064-0821
札幌市中央区北1条西23丁目1-1
TEL/FAX 011-615-2334


ESQUISSE GALLERY Vol.1362012年09月13日 ~ 2012年10月09日
越後光詞 アクリル画+α展
ECHIGO KOJI ACRYLIC PAINTING +α Exhibition
珈琲豆や米の袋の麻地をキャンバスに使っています。
麻地は当然、地塗りのようなところから始まります。麻地に染み込む色の時からもう十分に愉しく、うれしくなります。
絵が登場する舞台というか世界、そのものがすでに、ぼくには十分位、好いのです。
麻地の画面に風が吹き、香って、光が息づいていくと感じられます。
もうそうなれば、ぽとんと一滴色が落ちただけで、ドラマチックです。
麻地という生地が持つ作品の展開をさらに昇華させるべく僕は線と色を加えていきます。
今回のテーマは、「ごく身近な暮らしや生活の中によく見かける、ありふれた光景や形」を線と色で表現しました。
さて…。皆さんにはどんなストーリーが見えますでしょうか?
その他プラスαとして、木版画とテラコッタも数点出品予定。ぜひご覧下さい。
出展作品
●出展者 プロフィール
越後 光詞 (Koji Echigo)
 
1949年生まれ 高山市出身 札幌市在住(余市近郊にアトリエがある)
札幌、東京、京都、大阪などで主に個展にて発表。
巨大絵画制作や、様々なジャンルのアーティストとのコラボレーションでの作品発表。
子どもや音楽アーティスト等とワークショップにて絵画制作を行う。
近年は、ジンバブエの子ども達との絵画ワークショップや児童会館の子ども達と会館20周年記念作品を合同制作する。
*展覧会
札幌・大同ギャラリー個展(`81 `82 `83 `84 `85 `90年)
・市民ギャラリー1階全室使用個展(`84 `90年)7M×8M作品等含む
・札幌パークホテルギャラリー個展(`88 `89 `90 `91 `92 `93年)
・時計台ギャラリー個展(`89年)・2人展(`10年)
・さいとうギャラリー個展(`90 `93 `94 `04 `06 `09年)
・札幌市芸術の森工芸館ベストポケットギャラリー個展(`95 `96年)
・札幌市資料館個展(`98 `99全室使用 `00 `02 `03 `12年)
・コンチネンタルギャラリー個展(`08年)
・ギャラリーエッセ個展(`10年)
小樽・さとう画廊
・宮井額縁店
・三越ギャラリー
・北一ガラスギャラリー
・堺町浪漫館(`03 `04年)
・北の誉酒造「酒泉館」石倉回廊(`02 `03 `05年)
・運河プラザ3番庫ギャラリー全室個展(`92年)
京都・堺町画廊二人展(`85 `96年)
・ヤマモトギャラリー二人展(`04年)
東京・渋谷神宮前 ギャラリーY&Y個展(`02年)
・新宿 ポルトリブレ二人展(`11年)
*フェンスアート・中島児童会館工事用フェンス 全長120M壁画制作(`84年)
・札幌市中央区南1条西2丁目まるいちさいとうビル建設工事用フェンス3M×83M壁画制作(`94年)
・札幌市芸術の森アートホール建設工事用フェンス 215M壁画制作(`94年)

*ワークショップ他
 ・大阪港区旧加藤汽船ビル1Fアートイベント参加(`03年)
・札幌琴似コンカリーニョ 巨大絵画制作 児童とワークショップ(`02年)
・小樽倉庫№1 ライブペイント(`05年)
・白老飛生芸出祭参加(`06 `11年)
・ジンバブエの子ども達と共同絵画制作(`11年)
・札幌宮の沢児童会館20周年記念作品 児童と共同絵画制作(`11年)
 
●開催データ
展覧会名: 越後光詞 アクリル画+α展
ECHIGO KOJI ACRYLIC PAINTING +α Exhibition
会期: 2012年09月13日 ~ 2012年10月09日
時間: 月〜土 12:30~22:00
日・祝 12:30~21:00
[ LO. / フード 20:00(日祝 19:00)・ドリンク 21:00(日祝 20:00)]
※ドリンクラストオーダー時に来客不在の際は21:00(日祝は 20:00)で閉店
定休日:水曜日
9月18日(火)は臨時休業
入場料: 無料(喫茶店内で展示の為、お飲み物等は各自お買い求め下さい。)
場所: 札幌市中央区北1条西23丁目1-1 メゾンドブーケ円山1F
CAFE ESQUISSE(カフェ エスキス)
連絡先: TEL/FAX 011-615-2334

TopページへAbout EsquisseページへInformationページへMenuページへGalleryページへContact us ページへ