エスキスについて お知らせ
メニュー ギャラリー お問い合わせ

CAFE ESQUISSE  

〒064-0821
札幌市中央区北1条西23丁目1-1
TEL/FAX 011-615-2334


ESQUISSE GALLERY Vol.2552021年10月07日 ~ 2021年11月02日
諸岡知子展「入口」
Tomoko Morooka Exhibition

縄文、祈り、浮遊 …   日々、微々、混沌 …    
版画から鉛筆画、諸岡知子の不思議な世界へようこそ



◎絵について

星野道夫の言葉に
『人間の気持ちはおかしなものだ。どうしようもなく些細な日常に左右される一方、風の感触や、初夏の気配でこんなにも豊かになるのだから。 人の心は、深くて、そして不思議なほど浅いのだ。 きっとその浅さで人は生きていけるのだ』 と。

若い頃、自分のザワザワする心が嫌で、仏像の動かぬ静けさに、憧れた。

 深くて、浅い、深くて、浅い。

だからこんな中で描いてきた絵は、こんなにも散漫なのかもしれない。

 畑の中に建つ古い木造の小屋の
 葉の出る前の、春待つ立木の
 雪溶けあとの畑の黒い土の
 縄文土器の柔らかな曲線にシンプルで、力強く、
 そして、清いと思う。
  
あまりに発展しすぎた鋭角的な現代にこのシンプルで柔らかなものに立ち戻りたいと思う。

 諸岡



営業時間/ 12:30~20:00 ※日祝も同様 <時短要請>
(フードLO. /18:00・ドリンクLO. / 19:00)
※LO.時に来客不在の際は19:00で閉店

※ご来場の際にはマスク着用の協力をお願いします
※1グループ3人までと制限させて頂いております
※入場料無料(喫茶店内で展示の為お飲み物等は各自お買い求め下さい)  
-----
※新型コロナの影響に伴い営業時間等の変更の可能性あり(最新情報はSNSまたはお電話にて)
出展作品
●出展者 プロフィール
諸岡 知子 (Tomoko Morooka)
 
1950年滝川市生まれ
父の転勤によって浦河、札幌へ
1970年札幌大谷短大美術科卒
卒業時ニ人展(大丸藤井ギャラリー、札幌)
京都東本願寺に勤務し、奈良、京都の仏像巡り
1973年二人展(京都河原町ギャラリー、京都)
1975年結婚と共に夫の転勤で滝川、旭川、札幌へ
1982年旭川にて我が子の子育てと同時に我が家で小さな絵画教室を始める
「旭川ふだん記」に出会う
水墨画習い、鉛筆画も始める
シュタイナー教育に出会う(札幌)
1993年水墨画・鉛筆画の個展(札幌時計台ギャラリー、札幌)
1994年住居を江別に移し同時に我が家で小学生の小さな絵画教室を再開し今に至る
2000年「もろおかともこと11人の子どもたち展」 (札幌資料館ギャラリー、札幌)
2002年個展(水彩画)(画遊房ノジュール、札幌)
2004年「もろおかともこと10人の子どもたち展」 (札幌資料館ギャラリー、札幌)
2006年個展(ギャラリーども、江別)
2009年「えべつのはじっこどもで、もっとすみっことよほろのとよほろっ子展」など 子供達の、また一緒に共展 2019年までに6回開催 (江別ギャラリーども)

2010年銅版画を習う
2017年個展(ギャラリーども、江別)
2020年個展(ギャラリーども、江別)
 
●開催データ
展覧会名: 諸岡知子展「入口」
Tomoko Morooka Exhibition
会期: 2021年10月07日 ~ 2021年11月02日
時間: 月〜土 12:30~22:00
日・祝 12:30~21:00
[ LO. / フード 20:00(日祝 19:00)・ドリンク 21:00(日祝 20:00)]
※ドリンクラストオーダー時に来客不在の際は21:00(日祝は 20:00)で閉店
定休日:水曜日
※新型コロナの影響に伴い上記の営業時間とは異なります 
12:30~20:00 ※日祝も同様
※10.21(木)・10.22(金)は臨時休業
入場料: 無料(喫茶店内で展示の為、お飲み物等は各自お買い求め下さい。)
場所: 札幌市中央区北1条西23丁目1-1 メゾンドブーケ円山1F
CAFE ESQUISSE(カフェ エスキス)
連絡先: TEL/FAX 011-615-2334

TopページへAbout EsquisseページへInformationページへMenuページへGalleryページへContact us ページへ